2017年12月26日火曜日

タスクバーに表示するアイコンを選択しますに表示される不要なアイコンを削除する(windows10)

 アンインストールしたソフトのアイコンがタスクバーに表示するアイコンを選択しますのところにいつまでも残っているとどうにも気持ち悪い。

 それでそれらを消してしまいます。

 まず、左下のスタートメニュー>windowsシステムツール>ファイル名を指定して実行をクリックします。


 regeditを入力して、OKをクリックします。


 ¥HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Classes¥LocalSettings¥Software¥Windows¥CurrentVersion¥TrayNotifyで、IconStreamsとPromotedIconCacheを削除します。そして閉じます。


 タスクマネージャー>詳細のタブで、explorer.exeを右クリックして、「タスクの終了」をクリックします。


 タスクマネージャー>ファイルのタブで、「新しいタスクの実行」をクリックします。


 開くのところに、「explorer」を入力して、OKをクリックします。


2017年12月24日日曜日

安かったので、キーボード(logicool k120)買ってみた

 キーボードの印字が剥げているまま使用していたのですが、もういい加減買い替えようと思いたまたま安かったlogicool k120を購入してみました。

 値段が値段だしあまり期待していなかったのですが、そこまで悪くはないです。

 普段メカニカルキーボードを使用しているので、それと比べるとさすがにちょっとって思いますが、打鍵感はメンブレンキーボードではいいほうではないかと。少なくとも、それまで使用していたワンコインキーボードよりはましです。

 まあ、普通に使えます。当然ですが。

 キーボードの重さは、550gと軽量ですね。タイピングしたときキーボードが動くかもしれないので、軽いのはキーボードとしては欠点なのですが、今のところタイピングしても動くことなく問題ないです。ゴムが割りとしっかりしたものみたいです。角度を変える足にもゴムはついています。

 キーストロークは、2.8mmと浅めです。通常、メンブレンキーボードは4mmです。深いキーストロークが好みの人には合わないです。

 押下圧は、50gです。メンブレンは、普通60gで、メカニカルキーボードの青軸が50gと同じです。logicool g105も持っているのですが、これよりも軽いです。まあ、g105は65gですからね。押下圧は、重すぎるのも軽すぎるのも人を選びますが、ちょうどいい重さではないかと。

 保障期間は、3年間と長いです。ほかのメーカーは、大抵、半年とか1年ですから。



 自分で確かめてみましたが、同時押しは6キーまでのようです。普段使いならこれでも十分です。ゲームで使用するなら、これよりも、BSKBCG300BK(バッファロー)かDUX TK-DUX30BK(エレコム)のほうがいいと思います。

 BSKBCG300BK(バッファロー)は、USB接続では、対応エリア内13キーまで、PS/2接続では、対応エリア内全キーとなっています。耐久は1000万回だそうです。どちらかというとFPS向きでしょうか。

 キーストロークが4mmなのですが、下のエレコムのキーボードと比べると浅く感じます。

 DUX TK-DUX30BK(エレコム)は、対応エリア内12キーまでです。オンボードメモリを搭載して、ハードウェアマクロ対応ですので、MMO向きですね。

 こちらも、キーストロークは、4mmです。店で試打したことありますが、かなり深く感じます。文字打ちは、きついかもしれません。プロファイルが5つです。同時押しや連打マクロもできるようです。

2017年12月22日金曜日

遂に、DVDドライブ壊れた

 タイトルどうりDVDドライブが壊れました。

 壊れたといっても、きちんと認識はしますし読み込みもしますが、書き込みができなくなってしまった。

 なにも書き込みしていないDVDを入れた段階で何かおかしい感じがします。

 実際に書き込み始めるとやたら進行が早く進み、案の定エラーコード0xC0AA0301が出ますし、書き込みがいつもの速度で進んでも0x80004005が出る始末。


 0xC0AA0301はイメージファイルに破損がある場合もでるようですが、ハッシュ値で問題ないのを確認してます。

 0x80004005はセキュリティソフトに問題がある可能性もあるということで、書き込むときだけ無効にしてみましたが、書き込みできません。

 しょうがないので、もう一度イメージファイルをダウンロードし直しましたが変わらず書き込みできません。

 タスクマネージャーでDVDドライブのドライバを削除して再起動してみたけど、やっぱり書き込むことはできませんでした。

 まあ、寿命ですかね。7年も使えたし十分です。

 ちなみに壊れたドライブは、iHAS324-27(LITEON)です。

 早速、DVDドライブを購入するために店に行きました。

 なんか、ASUSのDVDドライブ(DRW-24D5MT)が特価品となっていましたが、スルーします。

 amazonのレビューに発火したという書き込みありましたし、asusの製品は個人的に好きではないので。asusのモニター持っていますが、1年を超えたあたりでスピーカーが故障して音でなくなりましたし。

 LGのドライブ(バルク)(GH24NSD1BLBLH)もありましたが、セカンドパソコンでLGのドライブを使用しているのですが、トレーが開いたり開かなかったりします。

 これも、amazonのレビューにありました。あんまり品質が良くないのかもしれません。まあ発火するよりはましですけど。

 一応、読み込みも書き込みも問題なくできるのですが。セカンドパソコンではDVDドライブを使用する頻度も低いし、交換する気ありませんね。

 壊れたのはサードパソコンのDVDドライブで、linuxとかに使用していて、さすがにないと困るので、iHAS324-17/A(LITEON)を購入しました。外付けのDVDドライブにしようか迷いました。最近、5インチベイがないPCケース多いからね。まあ、その時になったらまた考えますけど。



 起動してみると、以前のモデルより少しうるさい感じしますね。そこはあんまりこだわりないんでどうでもいいです。

 当然のことながら、読み込みも書き込みも問題なし。

2017年12月21日木曜日

windows10起動時にRadeonSettings.exeのエラーが表示される

 windows10起動時に、radeon settings.exeのアプリケーションエラーがよく表示されるようになった。fall creators update以降出るようになったんですが、windows10は、いつになったら安定するんですかね。


信頼性モニターにエラー表示
 信頼性モニターのほうにも、「radeon settings:host application 動作が停止しました」と何度も表示される。ほんとうるさい。


windows updateデータベースにエラー
 windows updateのトラブルシューティングをやってみると、「window updateデータベースにエラーが発生した可能性があります」、「windows updateコンポーネントを修復する必要があります」とトラブルシューティングやるたびに発生する。


グラフィックドライバの更新
 グラフィックドライバをクリーンインストールしても、更新直後はエラー表示が出ることはないが、しばらく経つとまたエラー表示が出る。

 バージョンを色々変えてみたが、全く効果なし。

sfc /scannowをやってみる
 スタートメニューをクリックして、windowsシステムツール>コマンドプロンプトを右クリックして、その他>管理者として実行をクリックします。sfc /scannowを入力し、enterキーを押します。


 これも効果なし。

DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealthをやってみる
 sfc /scannowの時と同様に、コマンドプロンプトを管理者として実行して、dism /online /cleanup-image /restorehealthを入力して、enterキーを押します。特に問題なく終わったが、効果はなし。


互換性モードでアプリケーションを起動する
 ローカルディスク(C)>Program Files>AMD>CNext>CNextで、RadeonSettings.exeを右クリックして、プロパティをクリックします。

 互換性のタブで、「互換性トラブルシューティングツールの実行」をクリックします。


 「推奨設定を使用する」をクリックします。


 「プログラムのテスト」をクリックして、radeon設定が表示されるかを確認します。表示されるのを確認したら、「次へ」をクリックします。


 「はい、このプログラムのこの設定を保存します」をクリックします。


 「閉じる」をクリックします。


 「すべてのユーザーの設定を変更」をクリックします。


 互換モードで、互換モードでプログラムを実行するにチェックを入れて、windows8を選択します。


 適用をクリックして、OKをクリックします。

再びエラー表示
 2、3日は出なかったのですが、また出ました。OSをクリーンインストールしようかと思ったのですが、ドライバをもう一度クリーンインストールしてみました。

 普段は、コントロールパネルからドライバを削除した後、再起動して、セーフモードに入り、DDUで残りを削除するのですが、今回は更にCドライブにあるAMDのフォルダ全部削除してから、ドライバをインストールしました。

 そもそもグラフィックドライバしかインストールしていなかった。ryzen masterはアンインストールしてあるし、chipset ドライバは、最初のころインストールしていたんですが、電源オプションを、ryzen blancedから高パフォーマンスに変更したので、必要性を感じなかった。

 それに、いろいろなバージョンのグラフィックドライバをインストールしたりアンインストールしたりしてたのでめんどくさくなってインストールしてなかった。

 インストールしていなくても、デバイスマネージャーではてなマークは出なかったのでおそらく問題はなかったと思う。

またエラー表示
 上の0xc0000142は、セキュリティソフトにも関係があるらしい。今、aviraを使用しているのですが、これを変更する前に、ちょっと気になっていることがあります。

 CCleanerを起動するたびに、ユーザーアカウント制御が出ます。なので、まずアンインストールしてからインストールし直しました。

 これで、windows updateデータベースにエラーは出なくなりました。

またまたエラー表示
 もうしょうがないので、グラフィックドライバをradeon crimson relive17.11.1からradeon crimson relive17.12.1に、セキュリティソフトをaviraからavastに変更しました。

 しばらく経ちましたがエラーは発生してません。どうやら、aviraが原因だったようです。検索してみると他にも不具合があるようです。そっちの不具合は自分の環境では発生しませんでしたが。どうも、aviraはfall creators updateと相性が悪いようです。

2017年12月18日月曜日

MX-17(linux)が出たので早速使ってみた

 MX-17出たので使ってみました。

 デスクトップ環境は、xfceです。

 カーネルバージョンは、4.13.0-1-amd64です。

起動直後のメモリ使用量
 メモリ使用量は、416.9MBでまあまあです。linuxmint18.3(xfce)では、371.1MBでしたから、若干多いです。以前のバージョンのMX-16.1では、291.4MBですから結構増加してます。動作もちょっと緩慢ですね。linuxmint18.3(mate)並みに重い感じがします。


日本語表示
 日本語表示は、インストール時に日本語を選択すればいいです。

日本語入力
 左下のアイコンをクリックして、MXツール>MXパッケージインストーラーをクリックします。

 そしてlanguageをクリックして、

  Japanese_Firefox

  Japanese_Fonts

  Japanese_Input

  Japanese_Libreoffice

  Japanese_Thunderbird

 にチェックを入れて、インストールします。


 次に、左下のアイコンをクリックして、設定>キーボードをクリックします。


 レイアウトのタブで、システムデフォルトを使用するのチェックを外し、キーボードレイアウトで、追加をクリックして日本語を選択して、英語を削除します。インストール時にキーボードレイアウトを日本語にしても、英語になってしますようです。


インストールされているソフト
 ブラウザは、firefox、メールソフトは、thunderbird、オフィスは、libreoffice、グラフィックは、gimp、メディアプレイヤーは、VLCメディアプレイヤーがインストールされています。インストールされているソフトは、linuxmint18.3とあまり変わりません。


ネットワークの設定
 左下のアイコンをクリックして、設定>ネットワーク接続をクリックします。


 編集をクリックします。


 IPv6のセッティングのタブで、方式を無視するに変更して、保存をクリックします。


ファイヤウォールの設定
 左下のアイコンをクリックして、設定>ファイアウォール設定ツールをクリックします。


 statusをクリックします。


 statusがオンになったら、OKです。


サーバー変更
 デフォルトでは、ダウンロードが遅いので、サーバーを変更します。

 左下のアイコンをクリックして、MXツール>MXリポジトリマネージャーをクリックします。


 select fastest MX repo for meをクリックすると、自動で一番早いサーバーを選択してくれます。


時刻表示変更
 時刻を右クリックして、プロパティをクリックします。


 時計のオプションの1行目を、%Y/%m/%d %H:%Mにします。


 youtubeの動画のことなんですが、視聴することは問題ないですが、ループ再生をする際に、ダブル右クリックしないと下の画像が表示できない。普通は、右クリック一回なんですけど。同様のエラーがlinuxmint18.3(xfce,mate)でも発生してます。自分の環境だけなのかな。


2017年12月10日日曜日

antix17を使用してみたが、日本語入力が難易度高過ぎ

 antix17を使用してみました。兄弟分のMX-16を使用したことがあるので気楽に思っていたのですが......

 カーネルバージョンは、4.10.5-antix.3-amd64-smpです。

起動直後のメモリ使用量
 メモリ使用量は、160MBで少ないほうです。


インストールされているソフト
 御覧の通り、完全に日本語に表示されていないのでちょっとわかりにくいです。ブラウザは、dilloとfirefox esr、オフィスは、libreoffice、メディアプレイヤーは、GNOME mpv、mpv media playerがインストールされています。


日本語表示と日本語入力
 日本語表示は、インストール時に日本語を選択すればいいです。選択しても、ほとんど英語のままですけど。

 問題は、日本語入力のほうで、結論から言えば、テキストエディタでは、日本語は入力できるようにはなりましたが、ブラウザではできません。調べてはいますが、今のところはわからないです。

 とりあえず、行ったことを書いていきます。

 menu>application>システムツール>パッケージインストーラーをクリックします。Japanese_Default_Firefox_esr、Japanese_Font、Japanese_Input、japanese_LO_full、Japanese_LO_main、Japanese_Thunderbirdにチェックを入れて、installをクリックします。


 ターミナルで、

  sudo apt-get install ibus-gtk ibus-gtk3 ibus-qt4

 を入力して、enterキーを押します。

 ファイルマネージャを起動し、目のアイコンを左クリックします。


 .bashrcを右クリックします。


 Edit as rootをクリックします。


 下のほうに、

  export GTX_IM_MODULE=ibus

  export XMODIFIERS=@im=ibus

  export QT_IM_MODULE=ibus

 を追記します。


 .profileを右クリックして、Edit as rootをクリックします。


 下のほうに、

  export LANG="ja_JP.UTF-8"

  export XMODIFIERS="@im=ibus"

  export XMODIFIER="@im=ibus"

  export GTK_IM_MODULE=ibus

  export QT_IM_MODULE=ibus

  export DefaultIMModule=ibus

  ibus-daemon -drx

 を追記します。


 control centerを起動して、セクション>ユーザデスクトップセクションを起動します。


 ibus-daemon -d -xを追記します。


 ターミナルで、im-configを入力して、enterキーを押します。インプットメソッド設定で、yesをクリックします。。


 ibusを選択して、OKをクリックします。


 パソコンを再起動して、テキストエディタを起動して、適当なところを右クリックして、入力メソッド>iBusをクリックします。テキストエディタを閉じるとリセットされて、システム(Xの入力メソッド)になってしまいます。なのでいちいちこれをしなければならないです。


 動作は軽快なのですが、日本語入力にかなり手こずるので、英語のまま使ったほうがいいかもしれません。もう疲れた。