2017年7月23日日曜日

SSDがプチフリするんだが、windows10が問題なのか、ryzen環境が問題なのか、それとも.......

 いろんな場面で、やたらフリーズする。どうも規則性はないみたい。

 調べてみると結構あるようなことらしいが、このままではどうしようもないので対策をとることにする。

 ちなみにSSDは、CFDのCSSD-S6O240NCG1Qです。

 最後のSATAドライバを除けば、省電力設定のものばかりです。そしてこれらがトラブルの原因になることが多いです。

 プチフリなんて過去のことかなと思っていたんだけど...........

AHCI Link Power Management-HIPM/DIPMをActiveは効果なし

 まず、レジストリをいじります。ファイル名を指定して実行>regedit、HKEY_LOCAL_MACHINE>SYSTEM>CurrentControlSet>Control>Power>PowerSettings>0012~>0b2d~でAttributesを右クリックして、修正>値データを0にします。

windows10
 左下のwindowsのアイコンをクリックします。


 windowsシステムツール>ファイル名を指定して実行をクリックします。


 regeditを入力してOKをクリックします。


 HKEY_LOCAL_MACHINE>SYSTEM>CurrentControlSet>Control>Power>PowerSettings>0012~>0b2d~でAttributesを右クリックして、修正>値データを0にします。


 つぎに、コントロールパネル>システムとセキュリティ>電源オプション>AMD Ryzen Blanced>プラン設定の変更>詳細な電源設定の変更>ハードディスク>AHCI Link Power Management-HIPM/DIPMをActiveにします。


 これだけで直る人もいるようですが、管理人は効果なかったので更に設定を変更。

HotPlugを有効にする
 hotplugは、電源を入れたまま、機器を脱着できること

 マザーボード(Fatal1ty x370 gaming k4)のUEFIで、Advanced>Storage Configuration>SATA HotPlugをEnabledにします。

device sleepを無効化
 device sleepは、SATAに接続された機器が非常に低い電力状態になること

 device sleepを無効化するため、Advanced>AMD CBS>FCH Common Options>SATA Configuration Options>Aggresive SATA Device Sleep port(0と1)をDisableにします。

C6 stateを無効化
 C6 state は、CPUの低電力モードのこと

 c6 stateを無効化するため、Advanced>CPU Configuration>C6 ModeをDisableにします。

 ここまででは、完全には対策できておらず、フリーズする時間が約30秒から約10秒程度に減っただけでした。

SSDのLPMを無効化
 LPM(link power management)は、SATAに接続された機器の省電力機能のこと

 さらに、windowsのほうで、ファイル名を指定して実行>regedit、¥HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Service¥storahci¥Parameters¥Device

windows10
 左下のwindowsのアイコンをクリックします。


 windowsシステムツール>ファイル名を指定して実行をクリックします。


 regeditを入力してOKをクリックします。


¥HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Service¥storahci¥Parameters¥Device、 NoLPMを右クリックします。


 修正をクリックします。 


 値のデータに使用しているSSD(名称+アスタリスク)を追加します。


 再起動します。

SATA ドライバ変更
 あと、SATAのドライバーもついでに変更します。

 コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム>デバイスマネージャー>IDE ATA/ATAPIコントローラーを右クリックして、ドライバの更新>コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索>コンピュータ上の利用可能なドライバーの一覧から選択します、「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを外します。

 それで標準SATA AHCI コントローラーからAMD SATA Controllerにして、「次へ」をクリックします。


 警告出ますけど、「OK」をクリックして、再起動します。

 intel環境では、標準SATA AHCI コントローラーを使用するのが正解なようですが、AMD環境では、AMD SATA Controllerを使うのがいいかもしれません。

 今のところ、プチフリは出てないです。

0 件のコメント:

コメントを投稿