2017年11月30日木曜日

afterburner(msi)で録画の設定

 radeon crimson reliveで録画できなくなったので、他にも録画できるソフトはあるが、もともとインストールしてあるこのソフトで録画してみようかということで、設定方法などを書いてみます。

ビデオキャプチャのグローバルホットキー
 ビデオキャプチャで適当なキーを設定する。


ビデオキャプチャのプロパティ

ビデオフォーマット
uncompressed(無圧縮) ビデオは、その形式でも圧縮されずにRAWフォーマットでエンコードされます。このフォーマットでエンコードされたビデオを再生するのに、サードパーティのコーデックは必要ありません。

RTV1 compression(RTV1圧縮) ビデオはRivaTunerビデオフォーマットV1でエンコードされます。このフォーマットでエンコードされたビデオを再生するには、RivaTunerビデオコーデックのインストールが必要です。RivaTunerビデオフォーマットV1は、DXT1圧縮アルゴリズムに基づく、固定6×圧縮率の、損失のある圧縮形式です。RTV1エンコーダーは、多大なCPU時間を消費せずに高解像度ビデオ高フレームレートでエンコードできるため、シングルコアまたは低速デュアルコアのCPUを使用するシステムでは、このフォーマットが推奨されます。

MJPG compression(MJPG圧縮) ビデオはMJPG固有フォーマットでエンコードされます。このフォーマットでエンコードされたビデオを再生するのにサードパーティのコーデックは必要ありません。MJPG圧縮形式は最良の圧縮率を提供しますが、高解像度ビデオをコマ落ちを起こさずにエンコードするには、やや高速なマルチコアCPUが必要です。

VFW compression(VFW圧縮) Video For Windowsの略で、マイクロソフトが開発した動画を再生するためのコーデックです。

ビデオフォーマットでVFW compressionを選択し、右側の「...」をクリックします。

Cinepak Codec by Radius 古い

Intel IYUV コーデック 高品質で、YUVカラーモードをよりコンパクトにしてRGBを使用します。

Microsoft RLE フレーム間の変化の激しいデータには不向き

Microsoft Video 1 再生性能の良さと比較的高速の圧縮を合わせ持った圧縮方式です。

RivaTuner Video Codec RivaTunerビデオコーデック


External plugin 外部プラグイン

ビデオフォーマットでexternal pluginを選択し、右側の「...」をクリックします。

QSV.dll:0-Intel QuickSync H.264 intel cpuを使用している場合のみ。

VCE AMF.dll:0-AMD AMF VCE H.264 radeonのグラフィックカードを使用している場合のみ。


container format

AVI AVIコンテナは広く使用されており、どんなビデオプレイヤーでもサポートされています。しかし、AVIコンテナアーキテクチャはかなり古く、H.264のような最新のビデオ圧縮フォーマットは、より進歩的なコンテナフォーマットに適しています。

MKV AVIとは異なり、MKVコンテナはビデオおよびオーディオフレームのタイムスタンプをネイティブに対応しているので、ビデオ再生中にオーディオ/ビデオの同期に関する問題が発生するリスクを最小限に抑えます。ただし、一部のビデオプレイヤーでは、MKVコンテナのサポートが制限されることがあります。

フレームサイズ
 ビデオをフルフレームサイズの高解像度でキャプチャする場合、それぞれのフレームでPCIEバスを経由してGPUからCPUにコピーされるデータ量が膨大になるため、PCIEバスの帯域幅がボトルネックとなり、フレームレートが制限されることになります。

フレームレートFPS
 60でいいかと。

ビデオフォルダー
 保存先フォルダーを設定します。

実際に使用してみる

PC構成
CPURyzen 7 1700(AMD)
メモリW4U2400PS-8G(CFD)
マザーボードfatal1ty x370 gaming k4(asrock)
グラフィックボードradeon r9 380 4GB(AMD)
OSwindows10 home(64bit)

ビデオフォーマットとcontainer formatの設定による違い
 フレームサイズはfull frame、フレームレートFPSは60、品質は85%、黒い砂漠(ゲーム)の録画時間は10秒です。

ビデオプロファイルcontainer format容量(MB)CPU使用率メモリ使用量(MB)ビデオメモリ使用量(MB)フレームレート(FPS)モードビットレートモード
RTV1AVI51113~17%5026217242~50CFRCBR
MJPGAVI27313~23%5126225841~50CFRCBR
MJPGMKV26716~21%5107209543~50VFRCBR
X264VFWAVI1038~50%5442222538~50CFRCBR
AMD VCE H.264MKV6.914~22%4833221043~54VFRCBR

 これ以外組み合わせでは、録画ファイルはできるものの、AviUtlで読み込めないファイルになります。

 ビデオプロファイルがRTV1のときは、ビデオキャプチャの互換性プロパティにある、Use dedicated encoder serverにチェックを入れます。

 メモリ使用量、ビデオメモリ使用量、フレームレート(FPS)はどれも大差ないですね。ただ、X264VFWだけやたらCPU使用率が高い。ryzen 7 1700でもこれだけCPU使用率が高いと4コア以下のCPUではきびしいですね。録画しなければ、CPU使用率は、10~15%程度の軽い場所でこれですからね。そして、メモリ使用量も若干多い。なんかようやくエンコード以外でryzenの性能の高さを実感できる。

 容量では、ビデオプロファイルがRTV1、container formatがAVIの場合は、CPU使用率はほかより少し低いけどこの容量の多さはちょっと厳しいかな。

 長時間録画するなら、ビデオプロファイル(AMD VCE H.264)、container format(MKV)かビデオプロファイル(X264VFW)、container format(AVI)のどちらかですね。ただし、ビデオプロファイル(AMD VCE H.264)、container format(MKV)の方は、VFRだけどね。radeon crimson reliveで録画しても、VFRだからradeon crimson reliveの代わりにこのプロファイルを使用してもいいと思います。後で動画編集するなら、CFRで録画したほうが音ズレ問題はありませんがね。まあ、VFRでもAviUtlで対応できますけど。結局、ビデオプロファイル(X264VFW)、container format(AVI)がいいかもしれませんね。CFRですし。ただし、CPU使用率が高いけど。

VFWでx264を選択する
 VFWで、x264を選択するには、まず、X264VFWをインストールします。afterburnerのビデオフォーマットでVFW compressionを選択し、右側の「...」をクリックし、圧縮プログラムからx264vfwを選択します。


 つぎに、構成をクリックします。


 zero latencyにチェックを入れます。


画質比較
 微妙に位置は違いますが、左側が、X264VFW(ビデオプロファイル)、AVI(container format)、真ん中がAMD VCE H264(ビデオプロファイル)、MKV(container format)、右側がRTV1(ビデオプロファイル)、AVI(container format)、左下が、MJPG(ビデオプロファイル)、AVI(container format)、右下が、MJPG(ビデオプロファイル)、MKV(container format)です。


 ビデオフォーマット(AMD VCE H264)、MKV(container format)の画質悪すぎですね。負荷は軽いですけど、これは使えないな。ハードウェアエンコードは、ほかにもintelのqsvやnvidiaのnvencがあるけどAMDのVCEと同じでだめだね。録画で画質劣化して、エンコードでさらに画質劣化して、youtubeにアップすれば再エンコードされるから、また画質劣化するんで録画の段階で画質劣化はできれば避けたい。他はそれほど画質は悪くはないと思う。

2017年11月24日金曜日

「DNSサーバーは応答していません」ってネットにつながらない

 以前も、「DNSサーバーは応答していません」っていうトラブルはあったのですが、この時は、モデム、ルーター、パソコンの電源を一旦落として、モデム、ルーター、パソコンの順に電源を入れて回復したのですが、今回は効果なし。

 経緯としては、USBメモリにlinuxをインストールする際に、ブートローダーを間違えて、windowsをインストールしているHDD(ハードディスク)を選択してしまい、windows7が起動できなくなり、windowsのディスクでブートローダーを修復したのですが、windows7は起動できるようになったものの、ネットにつながらなくなってしまったということです。

インターネット接続のトラブルシューティングをやってみる
 「デバイスまたはリソース(プライマリDNSサーバー)と通信できません」と表示される。


google public dnsを使ってみる
 コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワーク接続で、イーサネットを右クリックして、プロパティをクリックします。

 インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)をクリックして、プロパティをクリックします。

 DNSサーバーのアドレスを自動的に取得するを次のDNSサーバーのアドレスを使うで、優先DNSサーバーを、8.8.8.8に、代替DNSサーバーを、8.8.4.4にします。

 効果なし。

LANポートが故障しているかもしれない
 故障の可能性もあるので、USBメモリにインストールしてあるlinuxでログインしてみて、ネットサーフィンしてみたが、普通につながる。故障ではなかった。

HDD(ハードディスク)の故障か?
 CrystalDiskInfoを起動してみたが、特に問題なし。まあ、もう7年目であるので故障してもおかしくはないが。

IPv6を無効にする
 コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワークの接続で、イーサネットを右クリックして、プロパティをクリックします。

 インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)のチェックを外す。

 効果なし。もともと無効化していましたので。

ipアドレスが、169.254.~.~になっている
 普通なら、192.168.~.~になっているはずなんですが、169.254.~.~になっている。

 この原因としては、ソフトウェアが原因の可能性があるとのこと。

 まずは、LANドライバをアンインストールして、再インストールしてみたが、変わらず。

 次に、セキュリティソフトをアンインストールしてみるが、今度はエラーが変化した。

 「ローカルエリアには有効なIP構成はありません」となった。


 もちろんエラーが変わったところで、つながらないことには変わりはない。

APIPAを無効にする
 APIPAとは、automatic private ip addressingの略で、IPアドレスの自動割り当てのことです。

 ファイル名を指定して実行>regedit、HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥Tcpip¥Parametersで、右クリック>新規>DWORD、値のデータを、IPAutoConfigurationEnabledにします。

 う~ん、やってみたが効果なし。

IPアドレスの開放と取得
 コマンドプロンプトで、管理者として実行します。

 まず、解放から、ipconfig /releaseを打ち込みます。

 取得は、ipconfig /renewを打ち込みます。

 開放のコマンド、ipconfig /releaseを打ち込んだところ、「インターフェイスローカル接続の更新中にエラーが発生しました。DHCPサーバーに接続できません。要求がタイムアウトしました。」


 結局これもうまくいかず。

放電してみる
 最初に電源を落としてみたけど、効果はなかったので、あまり期待せずにもう一度やってみた。

 電源を落として、パソコンの電源ボタンを押してみると一瞬電源ボタンが点灯しまして、どうやら、電源を落としましたが(もちろんコンセントから外しています)、それだけでは完全には放電してなかったらしい。

 だけど、その5分後、パソコンの電源を入れてみたが、状況は変わらず。

AVGのエラー
 0xa0010004、0x8000003のエラーが発生。

 AVGはすでにアンインストールしてありますが、なんでこんなエラーが出るのかわからず。そもそもインストールしている状態でも機能していなかった。

システムの復元
 まあ、効果なし。復元した後も上の方でやったことをやってみたが、変わらず。もう、お手上げ。再インストールするしかない模様。

 三台のパソコンの内、一台のパソコンだけがこの状況でいろいろやってみたが、どうしようもない。他の二台のパソコンは普通につながるんですけどね。

 結局再インストールしました。まあ再インストールといっても、windows7(レガシー)からwindows10(UEFI)にですけど。もちろんネットにつながっています。

2017年11月23日木曜日

ブラウザ(slimjet)を使ってみた

 ブラウザ(slimjet)を使用してみました。linuxでも使用できます。

設定項目
 設定項目は、こんな感じです。


 「ウェブサービスを使用してナビゲーションエラーの解決を支援する」、「予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索とURLを補完する」、「予測サービスを使用してページをより迅速に読み込む」をオフにします。


 「終了時にデータを削除する」、「シークレットモード」をオンにします。


 メモリの使用設定で、アイドル状態のタブを自動的に無効化するタブ数のところをオンにしたほうがいいかもしれません。chrome系ブラウザは、時間が経つにつれてメモリ使用量が増える傾向にあるので。


ブックマークのインポート
 ブックマークのインポートの仕方は、右上の歯車のアイコンをクリックして、ブックマーク>ブックマークと設定をインポートをクリックします。


 インストールしてあるブラウザやHTMLファイルからインポートします。


ツールバーに表示するアイコン
 矢印のアイコンをクリックします。


 表示するものを左側から右側にドラッグアンドドロップします。


メモリ使用量
 OSはwindows7です。メモリ使用量は、起動前


 slimjetでyoutubeの6分程度の動画を見終わった状態。


 firefoxで、同じ動画を見終わった状態。


 メモリ使用量は、firefoxよりも少ないです。

ブックマークを新しいタブで開く

 1 設定をクリックし、拡張機能をクリックします。

 2 chromeウェブストアからbookmarks menuをインストールします。

 3 bookmarks menuのオプションをクリックします。


 4 mouseのタブで、left buttonをopen in new tabに、そしてwhen I open a bookmark in new tab,switch to it immediatelyにチェックを入れます。


 5 ブックマークは下のアイコンから開いてください。それ以外から開くと新しいタブで開きません。


 今まで試してきたchrome系ブラウザ同様に、youtubeでコマ落ちが発生します。

 chrome系のブラウザは、動画見るのに向いてませんね。

 googleへ情報を送信しないそうです。

 動作は軽快ですね。最速のブラウザーって広告していて、最速かどうかわかりませんが、早いです。sleipnir6を直前まで使用していたので、これと比較すると速いです。CPU使用率もsleipnir6よりも低いです。

2017年11月21日火曜日

ブラウザ(sleipnir6)を使用してみる

 ブラウザ(sleipnir6)は、linuxは使用できません。なのであんまり使いたいと思わなかったのですが、他にもいろいろ使いましたが、しっくりするものがなかったので、とりあえず、使ってみることにしました。

設定項目
 設定項目は、sleipnir4と変わらないです。


 設定項目は、ツール>エンジン設定>Blink設定をクリックします。



 フォントをカスタマイズで、すべてメイリオに変更してます。


 「ウェブサービスを使用してナビゲーションエラーの解決を支援する」、「予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索とURLを補完する」をオフにして、「危険なサイトからユーザーとデバイスを保護する」、「閲覧トラフィックと一緒に「トラッキング拒否」リクエストを送信する」をオンにしてます。


 特に変更するような設定はないかと。


 何か不具合等がある場合は「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」を無効にすると解決する場合もあります。特に不具合がなければ、そのままでいいかと。


拡張機能
 拡張機能は、chromeウェブストアを利用できるので特に問題はないかと。


 動作モードは、処理速度優先でしょう。


履歴削除
 左上のsleipnirのアイコンをクリック>カスタマイズ>起動/終了>終了で履歴を削除できます。


ブックマークのインポート
 ブックマークのインポートは、インストール時に行うので、インストールを終了してから行うことはないと思いますが、一応書いておくと、「ブックマークの履歴を読み込む」をクリックします。


 ブックマークを読み込むブラウザを選択します。そして「読み込む」をクリックします。ちなみに私はfirefoxで読み込みに失敗しました。なのでhtmlファイルでブックマークをインポートしたほうがいいかもしれません。


 htmlファイルを選択するときは、「その他のブラウザ」を選択し、「選択」をクリックして保存しているhtmlファイルを選択します。そして、「読み込む」をクリックします。


メモリ使用量
 OSはwindows7です。メモリ使用量は、起動前は


 sleipnir6を起動し、youtubeで6分程度の動画を見終わった状態。


 firefoxで同じ動画を見終わった状態。


 sleipnir6のほうがメモリ使用量が200MB以上多いです。

マウスジェスチャー
 マウスジェスチャーも使えます。ツール>カスタマイズ>マウス


 旧マウスジェスチャーを選択します。


 これもyoutubeでコマ落ちが発生します。

 後ホームページを設定できません。 

 マウスジェスチャーとか翻訳機能とかあって、機能自体は悪くはありません。

 あとエコモードがありません。sleipnir4にはあったのですが。あれはかなり便利なのにどうしてこっちには搭載しなかったんでしょうかね。

 見た目もかっこいいのですが、ちょっと動作がもっさりしてます。

2017年11月20日月曜日

ブラウザ(sleipnir4)を使用してみる

 ブラウザ(sleipnir4)は、linuxでは使用できません。結構昔からあるブラウザなのですが、以前はレンダリングエンジンが、tridentだけだったので非常に使いずらかった。いまは、blinkも使用できます。

設定項目
 設定項目は、ツール>エンジン設定>Blink設定をクリックします。


 フォントをカスタマイズで、すべてメイリオに変更してます。


 「ウェブサービスを使用してナビゲーションエラーの解決を支援する」、「予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索とURLを補完する」をオフにして、「危険なサイトからユーザーとデバイスを保護する」、「閲覧トラフィックと一緒に「トラッキング拒否」リクエストを送信する」をオンにしてます。


 特に変更するような設定はないかと。


 何か不具合等がある場合は「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」を無効にすると解決する場合もあります。特に不具合がなければ、そのままでいいかと。


拡張機能
 拡張機能は、chromeウェブストアを利用できるので特に問題はないかと。


ブックマークのインポート
 ブックマークのインポートの仕方は、左上のsleipnirのアイコンをクリック>データのインポート


 インストールしてあるブラウザを選択またはhtmlファイルを選択します。


 どれを選択するかはお好みで、あとは「参照」をクリックして、保存してあるhtmlファイルを選択します。そして、「OK」をクリックします。


エンジンの切り替え
 エンジンの切り替えは、メニューバーを表示して、ツール>カスタマイズ


 レンダリングをクリックします。


 BlinkもしくはTridentを選択します。拡張機能を使用するならBlinkを選択します。


blink設定
 UserAgentをgoogle chrome21に、動作モードを「処理速度優先」にしてみましたが、ほとんど変わりません。


マウスジェスチャー
 マウスジェスチャーも使えます。ツール>カスタマイズ>マウス


 旧マウスジェスチャーを選択します。


ブックマークで開いたタブをすべて読み込む
 デフォルトの設定では、例えば、10タブをブックマークで一気に開こうとしても、アクティブのタブ1つだけしか読み込みません。他のタブ、非アクティブなタブは、タブ自体は開きますが、アクティブになったら読み込み始めます。メモリ使用量を節約するために、こういう設定にしているようです。他のブラウザのように、一気に読み込む場合は設定を変える必要があります。ツール>カスタマイズ>タブ>タブの読み込みで、アクティブ時に読み込むタブ数を、適当に変更します。


エコモード
 エコモードとは、説明にある通り、「しばらく使用していないタブを読み込んでない状態にすることでメモリを節約する機能です」で、実際に10タブを開いた状態で試してみると、開いた直後では、2.34GBで、5分経過した状態では、2.09GBに減少しました。chrome系のブラウザは、時間が経過するにつれてどんどんメモリ食う傾向にあるので、結構いいんではないでしょうか。


メモリ使用量
 OSはwindows7です。メモリ使用量は、起動前


 sleipnir4を起動し、youtubeで6分程度の動画を見終わった状態。


 firefoxで同じ動画を見終わった状態。


 メモリ使用量は、ほとんど変わりません。

 youtubeでコマ落ちが発生します。いまのところchrome系のブラウザすべてで発生してますね。

 翻訳機能もあります。

 起動は少し遅いです。同じchrome系ブラウザのkinza、iridium browserのプライベートモードの起動と比較すると、遅いですが、firefoxのプライベートウィンドウで起動するよりも早いです。あくまでもHDD(ハードディスク)にOSをインストールしてある場合では。

 このブラウザの特徴としては、エコモードでしょうね。chrome系ブラウザでは、デフォルトでこのような機能を備えているブラウザはありませんから。