2018年12月27日木曜日

avastの右クリックスキャンができなくなったのとwindows10(1809)のアップデートがまた失敗

 いつからできなくなったのか定かではありませんが、avastの右クリックスキャンができなくなりました。このことに気づいたのが、radeon adrenalin 2019 18.12.2をインストールした直後で、これが原因と思っていました。なので、とりあえずこのドライバをアンインストールし、avastも再インストールするため、アンインストールしました。

 そして、前回失敗したwindows10(1809)のアップデートに再チャレンジしましたが、また失敗。どうやら前回失敗したのはavastが原因で失敗したわけではないようです。windows10インストールしてあるのがryzenだけなので何とも言えませんが、セキュリティざるのintelならうまくいくんですかね。intel環境のPCもあるし、windows10も持ってはいるけど、インストールする気にならないのでどうなのかわかりませんが。

 このwindows10(1809)のアップデート失敗の原因として開発者モードをアンインストールすればいいとかという書き込み見ましたが、そもそもインストールされていないのでアンインストールとか言われてもね。まだやっていませんけど、クリーンインストールしても失敗しそうな感じしますね。

 avastの右クリックスキャンの話に戻りますが、radeonのドライバをインストールする前にavastをインストールして右クリックスキャンをやってみましたができません。そしてradeon adrenalin 2019 18.12.3をインストールして、右クリックスキャンしてみましたが相変わらずできないですね。こうなるとwindows10(1809)の度重なる失敗によるものなのか、avast自体の問題なのかちょっとわかりませんね。

 ダウンロードしたファイルをスキャンするため、右クリックスキャンができないとなると結構不便なので、何とかしたいんですけど、いつからできなくなったのか自分でも記憶が定かではないのですが、avastの前回のアップデートからできなくなったんですかね。もう一か月以上前の話ですが。とりあえず右クリックスキャンはmalwarebytesで代用してます。

2018年11月10日土曜日

動画編集ソフトshotcutの逆再生

 今回は、動画編集ソフトshotcutの逆再生のやり方です。

 まず、ファイルを開くをクリックして、動画ファイルを選択して、動画ファイルを読み込みます。


 次に、動画ファイルをタイムラインにドラッグアンドドロップします。


 動画の逆再生する部分を分割します。今回は赤棒に挟まれた部分です。


 逆再生する部分を一度クリックしてアクティブにしてから、プロパティのタブをクリックして、リセットの右側にある三のアイコンをクリックします。


 逆転をクリックします。


 そして、逆再生される部分をファイル変換するため、3択が表示されて、どれか選択してOKをクリックして、ファイルの保存先を指定します。


 で、3択のうちどれがいいかなんですが、ちょっとわからない。下で画質比較のため画像出しましたが、ほとんど差がないように見えます。逆再生のファイルの容量は、大きい順に、mkv(160MB)>mov(103MB)>mp4(63MB)です。画質を考えれば(といっても差がないように見えるけど)、mkvを選択するのが無難かもしれません。どれを選んだところでエンコードするので、この程度のファイルの容量の差はあまり考慮しなくてもいいのではないかと。aviutlで、ハードウェアエンコードしたものとソフトウェアエンコードしたものでは画質(ハードウェアエンコードは画質悪い)に明らかに差があったんだけど、これはちょっとわからないね。単にファイル形式の圧縮率の違いでしょうか。


 あとは、逆再生するファイルを読み込んで、それを動画に挿入するだけです。逆再生する速度を変えるときは、逆再生のファイルを一度クリックしてアクティブにしてから、プロパティのタブをクリックして、速度を変更します。


2018年11月3日土曜日

動画編集ソフトshotcutの拡大・縮小

 今回は動画編集ソフトshotcutの拡大・縮小です。

 まず、shotcutを起動して、ファイルを開くをクリックして動画ファイルを読み込みます。


 動画ファイルが読み込まれたら、下のタイムラインにドラッグアンドドロップします。


 次に、フィルタのタブで、+のアイコンをクリックします。


 映像をクリックして、サイズと位置をクリックします。


 拡大の場合は、サイズの所の数値を大きくし、縮小の場合は、数値を小さくします。例えば、2倍に拡大するなら、サイズの数値を2倍にします。


 4つの動画ファイルを1画面にもできますが、ちょっと問題が・・・


 編集時、動画を再生してみると、ほぼ1スレッドのみに負荷がかかって、動画がカクカクの状態になります。コア数、スレッド数の多いCPUを使用してもこれでは何の意味もありません。逆に言えば、コア数、スレッド数の少ないCPU使用しても動画編集できるとも言えますが・・・


 ちなみに、これはAviutlで同じように再生した場合です。CPU使用率はshotcutのCPU使用率に比べれば高いですが、どのスレッドもほぼ平均的に負荷がかかっています。動画もカクつきなく再生されます。


2018年10月31日水曜日

動画編集ソフトshotcutのテキストの横スクロール

 今回は動画編集ソフトshotcutのテキストで横スクロールするやり方です。

 まず、ファイルを開くをクリックして動画ファイルを読み込みます。


 動画ファイルが読み込まれたら、下のタイムラインにドラッグアンドドロップします。


 次に、三のアイコンをクリックして、映像トラックを追加をクリックします。


 そして、その他を開くをクリックして、色をクリックします。


 ここは、そのままOKをクリックします。


 次に、フィルタをタブをクリックして、+のアイコンをクリックします。


 映像をクリックして、テキストをクリックします。


 プリセットのところで、右からスライドインをクリックします。


 テキストに表示する文字を入力し、新しい映像トラックにドラッグアンドドロップします。


 デフォルトでは、文字がすべて表示されるまで一秒です。これではちょっと早いので、今回は5秒ですべて表示されるようにしてみます。まず、赤枠の所に1:00と入力してエンターキーを押して、白いバーを1秒の所に移動させます。そして緑の矢印の再生ヘッドで分割するをクリックして、黄色い矢印のハサミのアイコンをクリックして1秒以降のファイルを削除します。


 次に、赤枠の所で5:00を入力し、エンターキーを押して、白いバーを5:00に移動させます。動画ファイルの右側の所が赤いバーとなっているので、そこを白いバーまでドラッグします。


 次に、フィルタ>テキストで、位置の右側にある目覚ましのアイコンをクリックします。


 緑のバーの上にある黒い丸を赤いバーのところまでドラッグします。ここまでが、右側から文字が出てきて、文字がすべて表示される手順です。


 ここからは、表示された文字が左側へ消えていく手順です。まず、今のファイルを右クリックしてコピーをクリックして、緑の矢印の貼り付けのアイコンをクリックします。


 そして、二つ目のファイルのテキストのプリセットの所を左にスライドアウトを選択します。


 そして、さっきと同じように、位置の右側にある目覚ましのアイコンをクリックします。


 次は、先ほどとは逆に、赤いバーの上にある黒い丸を左のほうにある緑のバーまでドラッグします。


 これで終了です。

2018年10月29日月曜日

動画編集ソフトshotcutの倍速

 今回は、動画編集ソフトshotcutの倍速のやり方です。まず、shotcutを起動して、ファイルを開くをクリックして、動画ファイルを読み込みます。


 次に動画ファイルをタイムラインにドラッグアンドドロップします。


 カットの時と同様に、赤棒の所を分割して、真ん中の部分を10倍速にしてみます。


 まず、分割する箇所に白いバーを持ってきて、緑の矢印の再生ヘッドに分割するのアイコンをクリックして分割します。


 もう一つの分割も同じように行います。そして3分割されたら、真ん中の動画ファイルを一度クリックして、プロパティのタブをクリックします。


 プロパティのタブの倍速の数値を変更します。今回は10と入力します。


 あとは、右側の動画ファイルをクリックして、左側にドラッグして動画を繋げて終了です。


 これだけなのですが、編集時には結構負荷がかかります。速度が上がれば上がるほど、負荷がどんどん上がります。


 20倍速まではカクツキは一切見られませんが、100倍速はカクカクでとても見られたものではないです。まあ、100倍速を使う人がいるかどうかわかりませんが・・・

 ただ、エンコードすると、100倍速でもカクカクしているようには見えません。



2018年10月27日土曜日

動画編集ソフトshotcutのカット、トランジション(シーンチェンジ)

 今回は動画編集ソフトshotcutのカットとトランジションのやり方を説明します。トランジションっていうのは、シーンチェンジのことです。

カット
 まずは、カットのやり方から行きます。ファイルを開くをクリックして動画ファイルを読み込みます。


 そして、読み込んだ動画ファイルを下のタイムラインにドラッグアンドドロップします。


 タイムラインに動画が読み込まれたら、カットする部分を決めます。今回は赤棒に挟まれた部分をカットします。


 白いバーをカットする位置に移動して、緑の矢印の再生ヘッドで分割するのアイコンをクリックして、動画を分割します。


 分割されると、タイムラインの分割された前後の位置に画像が表示されます。


 同じように、後方の部分も分割します。


 これで動画が3分割されました。ここで、3分割された動画で右側だけちょっと色が濃くなっています。右側の動画がアクティブな状態になっていて、ここでハサミのアイコンをクリックしてしまうと右側の動画がカットされてしまいます。なので、一度真ん中の動画の部分をクリックして、アクティブな状態にします。


 タイムラインの中の分割した真ん中の動画の部分をクリックして、ハサミのアイコンをクリックしてカット完了です。


 カットすると、右側の動画は自動的に左に詰めます。


トランジション(シーンチェンジ)
 続いてトランジション(シーンチェンジ)のやり方を説明します。上で動画が分割されてくっついた形になりました。そこで右側の動画をクリックして左側にドラックします。重なった長さがトランジションの長さになります。なので不要な部分はぎりぎりでカットせずに多少余裕を見たほうがいいです。


 トランジションの部分は下図のようになります。


 次に、タイムライン上のトランジションの部分をクリックしてアクティブにして、プロパティのタブをクリックします。


 そして、映像をクリックすると、いろいろトランジション(シーンチェンジ)が選べます。