2018年1月25日木曜日

リストレスト(キーボード用)をいくつか使ってみた

 メインで使っているキーボードはProgresTouch RETRO AS-KBPD08/LBKN 黒軸(ARCHISS)です。打ち心地はいいのですが、ずっと使っていると腕がだるくなったり、肩が凝ったりします。それでそれを軽減するため、リストレストをいくつか使ってみました。



 まずは、TOK-GEL21BL(サンワサプライ)を使ってみました。若干高さが足りないかなと思いますが、全く使えないというレベルではありません。大きさはちょうどいい。硬さは、若干硬めかでしょうか。



 ただ、ずっと使っていると手首がかゆくなってくる。個人的にあまり表面の感触が好みではない。ディンプル構造というらしいが。それと臭いがきつい。まあ、臭いに関しては最初に通気性のいいところにでも放置しておけばいいです。もう処分してしまいましたけど。


 次に試したのが、メインで使用しているキーボードメーカーから出ているARCHISS Massive Wrist Rest Lです。同じメーカーでもあるし、ほとんどProgresTouch RETRO専用といってもいい感じで、大きさや高さは問題なし。硬さは若干硬めです。問題は臭いです。TOK-GEL21BL(サンワサプライ)程ではないが、ちょっと臭う。


 次に試したのが、TOK-MU3NBK(サンワサプライ)です。長さはぴったり。硬さは、前の二つと違いこちらは柔らかめです。柔らかいので高さはちょうどいいです。ただ、こちらの商品も臭います。


他のキーボードG105、K120ともにlogicool製品で試してみました。

 まずは、G105+ARCHISS Massive Wrist Rest Lでは、サイドにマクロキーがあるので長さが若干足りませんが問題になるほどではありません。高さもちょうどいいです。


 G105+TOK-MU3NBK(サンワサプライ)もG105+ARCHISS Massive Wrist Rest Lの時と同様、長さが若干足りませんが、高さはちょうどいいです。


 K120+ARCHISS Massive Wrist Rest Lでは、長さはちょうどいいですが、高さがリストレストのほうが高くてかなり打ちずらいです。


 K120+TOK-MU3NBK(サンワサプライ)もK120+ARCHISS Massive Wrist Rest Lの場合と同様に、長さはちょうどいいのですが、リストレストのほうが高くてかなり打ちずらいです。


 メカニカルキーボードは基本的大丈夫だとは思います。メンブレンキーボードは高さのあるタイプには合うと思いますが、高さのないタイプはかなり打ちずらく感じます。

0 件のコメント:

コメントを投稿