2018年10月31日水曜日

動画編集ソフトshotcutのテキストの横スクロール

 今回は動画編集ソフトshotcutのテキストで横スクロールするやり方です。

 まず、ファイルを開くをクリックして動画ファイルを読み込みます。


 動画ファイルが読み込まれたら、下のタイムラインにドラッグアンドドロップします。


 次に、三のアイコンをクリックして、映像トラックを追加をクリックします。


 そして、その他を開くをクリックして、色をクリックします。


 ここは、そのままOKをクリックします。


 次に、フィルタをタブをクリックして、+のアイコンをクリックします。


 映像をクリックして、テキストをクリックします。


 プリセットのところで、右からスライドインをクリックします。


 テキストに表示する文字を入力し、新しい映像トラックにドラッグアンドドロップします。


 デフォルトでは、文字がすべて表示されるまで一秒です。これではちょっと早いので、今回は5秒ですべて表示されるようにしてみます。まず、赤枠の所に1:00と入力してエンターキーを押して、白いバーを1秒の所に移動させます。そして緑の矢印の再生ヘッドで分割するをクリックして、黄色い矢印のハサミのアイコンをクリックして1秒以降のファイルを削除します。


 次に、赤枠の所で5:00を入力し、エンターキーを押して、白いバーを5:00に移動させます。動画ファイルの右側の所が赤いバーとなっているので、そこを白いバーまでドラッグします。


 次に、フィルタ>テキストで、位置の右側にある目覚ましのアイコンをクリックします。


 緑のバーの上にある黒い丸を赤いバーのところまでドラッグします。ここまでが、右側から文字が出てきて、文字がすべて表示される手順です。


 ここからは、表示された文字が左側へ消えていく手順です。まず、今のファイルを右クリックしてコピーをクリックして、緑の矢印の貼り付けのアイコンをクリックします。


 そして、二つ目のファイルのテキストのプリセットの所を左にスライドアウトを選択します。


 そして、さっきと同じように、位置の右側にある目覚ましのアイコンをクリックします。


 次は、先ほどとは逆に、赤いバーの上にある黒い丸を左のほうにある緑のバーまでドラッグします。


 これで終了です。

2018年10月29日月曜日

動画編集ソフトshotcutの倍速

 今回は、動画編集ソフトshotcutの倍速のやり方です。まず、shotcutを起動して、ファイルを開くをクリックして、動画ファイルを読み込みます。


 次に動画ファイルをタイムラインにドラッグアンドドロップします。


 カットの時と同様に、赤棒の所を分割して、真ん中の部分を10倍速にしてみます。


 まず、分割する箇所に白いバーを持ってきて、緑の矢印の再生ヘッドに分割するのアイコンをクリックして分割します。


 もう一つの分割も同じように行います。そして3分割されたら、真ん中の動画ファイルを一度クリックして、プロパティのタブをクリックします。


 プロパティのタブの倍速の数値を変更します。今回は10と入力します。


 あとは、右側の動画ファイルをクリックして、左側にドラッグして動画を繋げて終了です。


 これだけなのですが、編集時には結構負荷がかかります。速度が上がれば上がるほど、負荷がどんどん上がります。


 20倍速まではカクツキは一切見られませんが、100倍速はカクカクでとても見られたものではないです。まあ、100倍速を使う人がいるかどうかわかりませんが・・・

 ただ、エンコードすると、100倍速でもカクカクしているようには見えません。



2018年10月27日土曜日

動画編集ソフトshotcutのカット、トランジション(シーンチェンジ)

 今回は動画編集ソフトshotcutのカットとトランジションのやり方を説明します。トランジションっていうのは、シーンチェンジのことです。

カット
 まずは、カットのやり方から行きます。ファイルを開くをクリックして動画ファイルを読み込みます。


 そして、読み込んだ動画ファイルを下のタイムラインにドラッグアンドドロップします。


 タイムラインに動画が読み込まれたら、カットする部分を決めます。今回は赤棒に挟まれた部分をカットします。


 白いバーをカットする位置に移動して、緑の矢印の再生ヘッドで分割するのアイコンをクリックして、動画を分割します。


 分割されると、タイムラインの分割された前後の位置に画像が表示されます。


 同じように、後方の部分も分割します。


 これで動画が3分割されました。ここで、3分割された動画で右側だけちょっと色が濃くなっています。右側の動画がアクティブな状態になっていて、ここでハサミのアイコンをクリックしてしまうと右側の動画がカットされてしまいます。なので、一度真ん中の動画の部分をクリックして、アクティブな状態にします。


 タイムラインの中の分割した真ん中の動画の部分をクリックして、ハサミのアイコンをクリックしてカット完了です。


 カットすると、右側の動画は自動的に左に詰めます。


トランジション(シーンチェンジ)
 続いてトランジション(シーンチェンジ)のやり方を説明します。上で動画が分割されてくっついた形になりました。そこで右側の動画をクリックして左側にドラックします。重なった長さがトランジションの長さになります。なので不要な部分はぎりぎりでカットせずに多少余裕を見たほうがいいです。


 トランジションの部分は下図のようになります。


 次に、タイムライン上のトランジションの部分をクリックしてアクティブにして、プロパティのタブをクリックします。


 そして、映像をクリックすると、いろいろトランジション(シーンチェンジ)が選べます。


2018年10月26日金曜日

動画編集ソフトshotcutで部分モザイクをかける

 動画編集ソフトshotcutで部分モザイクをかけるやり方を説明します。特に難しいことはないです。

 まず、動画ファイルを読み込みます。ファイルを開くをクリックして、読み込む動画ファイルを選択します。


 動画ファイルを読み込んだら、それをタイムラインにドラッグアンドドロップします。


 バーが動画ファイルの終点にあるので、これを始点に戻し、三のアイコンをクリックします。


 映像トラックを追加をクリックします。


 これで映像トラックが追加されました。先ほどと同じようにバーを始点に戻しておきます。


 下の映像トラックを右クリックして、コピーをクリックします。


 下の赤丸で囲んだ貼り付けのアイコンをクリックします。


 これでV2にも同じファイルが追加されました。


 次にフィルターのタブをクリックして、映像>サイズと位置をクリックします。


 位置とサイズは、赤枠の部分の数値を変更するか


 白枠の四隅をドラッグしてサイズを変更、真ん中の黒丸をドラッグして位置を変更します。


 次に、フィルタのタブで、音声>ミュートをクリックします。これをしないと音にノイズが入ります。


 次に、フィルタをクリックして、映像>モザイクをクリックします。


 ここでちょっと注意点。サイズと位置のところで、サイズモードがありますが、埋めるでは、モザイクの部分が指定したサイズよりも大きくなってしまいます。


 サイズモードを合わせるにすると、モザイクのかかってない部分が発生します。


 次に、歪曲するを選択するとモザイクのかかっている部分が指定したサイズとぴったり合います。