2018年10月7日日曜日

linuxでマウスのボタンの機能を変更したいだけど・・・

 チルトホイールのマウス(mx400(logicool))を使用していて、今まで、ブラウザでアドオンのマウスジェスチャーを使用していたので特に困ってはいなかったのですが、windowsを使用していた時、setpoint(logicool)でホイールの左右にコピー、張り付けを機能させていたのでそれを何とかlinuxでもできないかと思い調べました。

 linuxではeasystrokeというソフトを使用するようですが、インストールしてみたけどなんかうまくいかない。ホイールの左右をボタンとして認識しない。というのもホイールの左右が水平スクロールになっています。なのでホイールの左右をボタンとして認識させなければならない。

 とりあえずpeppermint9で試す。ターミナルを起動してxevを入力してボタンの番号を調べてみると、6,7が水平スクロールとなっているようで、この番号を変更すればいいかもしれないと思い、6、7を10、11に変更してみました。


 easystrokeをインストールして、設定タブで追加するボタンで変更するボタンを追加する。ここまではOK。デフォルトのままだったら、ここもダメだった。


 最後のストロークの記録のところでボタンが全く反応しない。 


 しょうがないので、wineをインストールして、setpointをインストールしようとしましたけど、インストールできず失敗。

 つぎにlinuxmint19で試そうとしたらアップデートエラーが発生。試す前に終了。以前もlinuxmintでアップデートエラーが発生したんですよね。

 さらにbasix4.0で試しましたけど、peppermint9同様に、easystrokeの最後のストロークのところでまたボタンが認識しない。

 ただ、このeasystrokeというソフトあんまり安定してないです。設定している最中いきなり落ちたりする。そして落ちると、一回で起動しなくなります。