2019年12月13日金曜日

ローカルシステムの証明書が有効期限が間もなく切れるか、既に切れていますという警告が発生

 起動のたびに、この警告が表示され、直しようがないならほっておくだけなんですが、弄ったら出なくなったのでその忘備録として書いておきます。


 まずは、どの証明書が警告を出しているのかを調べます。スタートボタン>windowsシステムツール>ファイル名を指定して実行、mmcを入力してOKをクリックします。


 次に、ファイル>スナップインの追加と削除をクリックします。


 次に、証明書を選択して、追加をクリックしてOKをクリックします。


 そしてどれが問題の証明書か探します。今回のものは、XBL Client IPsec lssuing CAで、xboxがらみのもののようです。どうでもいいものですが、証明書が更新できるかどうか試します。

 操作>すべてのタスク>詳細設定操作>同じ機で新規の証明書を要求


 登録エラーが表示されました。削除しても問題ないようですので、削除します。


 エラーが出たのは、XBL Client IPsec lssing CAだけなんですが、証明書の期限が切れているのは他にも結構ありました。特にComodo Security Solutionsです。まあ、エラーが出てませんからほっておいても問題ないんでしょうけど・・・


0 件のコメント:

コメントを投稿