2019年12月13日金曜日

DissenterとEpic privacy browser(ブラウザ)を使ってみた

 dissenter、epic privacy browserはどちらもchomiumベースのブラウザです。dissenterはchromiumベースというよりbraveベースといったほうがいいかもしれません。

 まず、dissenterから。braveから、brave rewardsを取り除き、独自の機能を若干追加してます。拡張機能は、chrome ウェブストアを利用できます。プライバシーを尊重するとうたっているが、デフォルト設定では、dissenterに送信している設定がある。そして、実際使ってみるとわかりますが、サイトの読み込みが基本遅い。特にyoutubeは。これをメインブラウザでは正直ストレスたまる。起動は早いんですけど。プライバシーを尊重といってますが、この後紹介するepic privacy browserと比べると、なんか微妙な感じ。


 それと自動アップデートはできません。


 次に、epic privacy browser。Epicは、広告、トラッカー、フィンガープリンティングなどをブロックするプライベートで安全なWebブラウザー。広告ブロックはブラウザにadblock plus組み込まれてます。プライバシーに関しては、chromium系ブラウザにあるgoogleへの送信とか同期というところありますが、プライバシーをうたっていてもただ、これらの設定項目がデフォルトでオフになっているだけのものが多いんですが、これらがきれいさっぱり削除されて、設定項目すらない。なので、設定項目はかなり少ない。dissenterもある程度送信する設定項目は削除はされてますが・・・。そして起動も早いし、サイトの読み込みも早い。上がepic privacy browserで、中がiridium browser、下がdissenter。


 ただ、残念ながら拡張機能は、chromeウェブストアにあるものが使用できない。epic privacy browser独自の拡張機能しか使えません。現状、7個のみ。なので使い勝手は悪いです。正直メインブラウザにするのは厳しいです。


 結論としては、両方ともメインブラウザには厳しい。サブでならepic privacy browserのほうがいいでしょう。読み込みが遅いdissenterは使うにはきついので。

0 件のコメント:

コメントを投稿