2019年12月13日金曜日

lubuntu19.10をインストールしてみた

 まだベータ版のようですが試してみました。


 アイドル時のメモリ使用量ですが、以前よりも若干増えています。そのせいかモッサリぎみ。


 日本語表示は、ライブCD起動時日本語を選択すれば問題ありません。日本語入力は、fcitx-mozcをインストールして再起動すればOK。前のバージョンは、インストール時に日本語を選択すれば何もしなくてもよかったのですが・・・

 サーバーも変更しました。デフォルトのメインサーバーだとダウンロード遅かったので、日本のサーバーに変更しました。


 前のバージョンまでは、デフォルトでsynaptic パッケージマネージャがインストールされていましたが、今回はインストールされてません。前回までは、インストールされていても動作が不安定だったので、そのせいで外したのかもしれません。個人的に、無いと不便なのでsynaptic パッケージマネージャをインストールしましたが、特に動作に問題はありません。

 インストールされているソフトは、こんな感じ。


 デスクトップ環境はLXQTなんですが、LXDEよりも重いんでしょうかね。上で書いた通りなんか重く感じます。不具合とかは、今回は珍しく無いですね、今のところは。

0 件のコメント:

コメントを投稿