2019年12月13日金曜日

robolinuxを使ってみた

 最近、重いデスクトップ環境のlinuxが多いので、軽量linuxを考えると、デスクトップ環境がlxdeやlxqtに絞り、使い勝手を考えればubuntu(debian)ベースのものの一つのrobolinuxを試してみました。


 アイドル時のメモリ使用量は、300MB以下とまずまず。軽いと言われているデスクトップ環境のxfceでは、OSにもよりますけど、だいたい400MB前後で、自分の環境では若干重い。


 日本語表示と日本語入力は、インストール時に日本語を選択すればOK。日本語表示はそうでもないけど、日本語入力に手こずるものが結構多いので、このlinuxは楽でいいです。

 デフォルトでヴァーチャルボックスがインストールされている。自分のPC環境は貧弱なんで、これを効果的に生かせませんけど。


 不具合が2つほどあります。一つは、synaptic パッケージマネージャの表示がおかしい。lubuntuでもこの不具合がありました。


 もう一つが、firefoxのアドオンが表示されない。インストール自体はできるんですが、ツールバーに表示されない。こちらは、一回firefoxをリフレッシュしてアドオンをインストールすれば、問題なく表示されます。


0 件のコメント:

コメントを投稿