2020年2月27日木曜日

アクションカメラvicture AC900を購入してみた

 画質とかは、youtubeとかで確認してください。画質以外のことについて書いていきます。
 
 内容物はこんな感じ。
 

 バッテリの蓋は取れないようになっています。これは、muson M10やmuson go1とは違います。
 

 ほかの中華アクションカメラと同様にバッテリーを交換すると日付が戻ってしまいます。個人的には、どうでもいいことですが、困る人もいるでしょう。
 
 次に、録画中バッテリーが切れたら、終了時に音が鳴る。ただ、音はなりますが、音が小さいので、静かな部屋とかなら気づきますが、外で鳴ったとしてもおそらく気づかないと思います。録画中は、アクションカメラの上部のインジケーターが青く点滅するので、チェストマウントしていれば録画が終了した場合、インジケーターが消灯するので気づきますが、ヘッドマウントでは気づかないと思います。
 

 デフォルトでは、録画ファイルが3分ごとに作られる。長時間録画すると、録画ファイルが大量に作られるのでちょっとめんどくさいことになる。muson M10、muson go1、campark act68では、デフォルトで15分ごとでした。これはちょっと嫌なので、ループ録画のところで10分を選択して、10分ごとに録画ファイルを作るようにしています。
 
 音声に関しては、全くダメ。水中ケースに入れると全く音を拾わない。水中ケースを使わない場合でも、かなり音が小さい。muson M10、muson go1のほうがまだましといえる。音声に関しては期待できないので、音声が必要なら音声はボイスレコーダー等で別撮りしたほうがいいかと。

 バッテリーの互換性について、muson M10、campark act68、vemicoのバッテリーは互換性はあります。
 
 次に、コーデック、解像度に対してのバッテリーの持続時間、ファイル容量など。
 
コーデック 解像度 ファイル容量(10分) 録画時間(バッテリー1個当たり) オーバルビットレート ビデオプロファイル モード
H.264 4K30 2,89GB 74分 41.3Mbps


2.7K60 1,68GB 74分 24.1Mbps


2K60 2,02GB 71分 29.0Mbps high@L5.1 CFR

1080p60 1,74GB 75分 24.9Mbps


1080p30 1,05GB 118分 15.1Mbps















H.265 4K30 2,14GB 71分 30.7Mbps


2.7K60 1,28GB 55分 18.4Mbps


2K60 1,51GB 61分 21.6Mbps main@L5@high CFR

1080p60 1,28GB 85分 18.4Mbps


1080p30 785MB 138分 11.0Mbps


 御覧の通り、1080P30の録画時間が長い。長時間録画するのであれば、1080p30(h.265)が無難かと。そしておかしいのが、2.7K60のところ。明らかに劣化(画質)といってもいいのではないかと。まあ、ぱっと見はあまりわかりませんが・・・

 フレームレートが正しいかどうかの検証。
 
コーデック 解像度 実際のフレーム数
H.264 4K30 30

2.7K60 52

2K60 56

1080P60 56

1080P30 30



H.265 4K30 30

2.7K60 56

2K60 52

1080P60 56

1080P30 30

 4K30と1080P30は、きちんと30フレームあるが、2.7K60、2K60、1080P60は、処理が追い付かないのか同じコマがあります。まあ、muson M10やmuson go1に比べれば全然ましですけど。

2020年2月26日水曜日

MUSON M10とGO1は中身が同じっぽい?

 スペックやどういう映像なのかは、amazonのサイトやyoutubeで見ればわかるのでそっちで確認してください。それとは別の観点でちょっと見ています。
 
GO1 容量(15分) データー速度 総ビットレート プロファイル モード ファイル形式
4K(3840×2160) 2.90GB 27606kbps 27734kbps baseline@L4 CFR MOV
2.7K(2688×1520) 2.63GB 25002kbps 25130kbps baseline@L4 CFR MOV
1080p60(1920×1080) 2.63GB 25003kbps 25131kbps baseline@L4 CFR MOV
1080p30(1920×1080) 2.42GB 23002kbps 23130kbps baseline@L4 CFR MOV







M10





4K(3840×2160) 2.90GB 27605kbps 27733kbps baseline@L4 CFR MOV
2.7K(2688×1520) 2.63GB 25003kbps 25131kbps baseline@L4 CFR MOV
1080p60(1920×1080) 2.63GB 25003kbps 25131kbps baseline@L4 CFR MOV
1080p30(1920×1080) 2.42GB 23001kbps 23129kbps baseline@L4 CFR MOV

 この表見れば一目瞭然だと思いますが、GO1とM10は一緒だといってもいいような気がします。名前が違うのだから何かしら変更が加えられているのかと思っていましたが、そうではないみたい。
 
 このアクションカメラは、正直画質は悪いです。画質が悪い原因の一つが、センサーが悪いというのもあるんでしょうけど、このbaseline@L4というプロファイルにもあるんではないかと。プロファイルは、high、main、baselineとあって一番機能的には低いもの。スマートフォンとかで扱いやすいからbaselineなんだと思いますが、andoridではbaselineのみ対応しているようですが、ファイル形式のMOVは扱えないようです。個人的にはスマートフォンで動画編集とかはどうかと思いますが・・・
 
 アクションカメラでよくあるのがGoProやSONY製品と比較しているんですが、価格帯も違うので意味ないのですが、youtubeでGoProやSONY製品で撮った映像の後、中華アクションカメラの映像を見ると何十年前の映像って思います。少しでもよく見えるように工夫すべきでしょう。まあ、例えば、4Kで撮って、720pに圧縮して動画にするとか。4Kだと手振れ補正効かないし録画時間も短くなるので微妙ではありますが。720pではなく1080pでは、編集段階でも映像はちょっときついですし、エンコードで劣化し、youtubeにアップしてさらに劣化すること考えると1080pは無理かな。レビュー動画で、このように圧縮しているケースがあるのでこのアクションカメラ画質がいいって飛びつかないほうが無難です。

   バッテリー一個当たりの録画時間は、GO1は、4K30で約90分、2.7K30で約105分、1080p60で約110分、1080p30で約110分です。M10は、4K30で約75分、2.7K30で約90分、1080p60で約90分、1080p30で約90分です。GO1とM10の録画時間違いますけど、バッテリーの個体差でしょうか。フル充電は、約3時間くらいです。
 
 あと4Kを扱う際のAviutlの設定ですが、Aviutlのフォルダ内のexedit.iniにmov=動画ファイル、mov=音声ファイルを追加して、ファイル>環境設定>システムの設定で、最大画像サイズ 幅3840 高さ2160に変更して、リサイズ設定の解像度リストに、3840×2160、2688×1520を追加すればいいです。

 

 Aviutlのほかにもshotcutというフリーの動画編集ソフトあるのですが、Aviutlと違って何もしなくてもMOVも4Kも扱えるのですが、こちらは正直微妙。というのもフィルターをかけたり、比較動画のように2画面、3画面にすると編集段階でカクツキます。理由としては、マルチスレッドに対応してません。ほぼ1スレッドのみに負荷がかかっています。書き出してしまえば書き出した動画は普通に再生できますが、編集段階でどんなものか確認しようとしてもカクカクでどうにもなりません。設定を一通り見てもそれらしい設定はないようでお手上げ。
 

 追記
  フレーム数をごまかしているという情報あったんでちょっと調べてみました。結論から言うと、あります。M10とGO1で、4K30と1080P60は、ごまかしてます。4K30は、30フレームではなく18フレーム、1080P60は、60フレームではなく50フレームとなってました。2.7K30と1080P30は、30フレームでした。動きのある映像を撮る場合、4K30はカクカクになって、使い物にならない。

2020年1月14日火曜日

jugemのアップした画像をダウンロードする際のアドオン(firefox)

 jugemのブログでアップした画像をダウンロードする必要に迫られたのでいろいろ調べたりするとdownthemall!がいいとのことで、とりあえずこれでやってみましたが、現時点では全くダウンロードできませんでした。
 
 次に、firefoxのアドオンでrecommendedとなっているdownload all imagesを使用してみましたが、そのページ内の画像は全部ZIPファイルとしてダウンロードできるのですが、不要なものも含まれる。不要な画像を削除する手間もありますし、そのページをダウンロードし終わってからページを切り替えようとするとjugemを勝手にログアウトしてしまう。ということがあり、ちょっとこれではめんどくさいということで別のアドオンを探すことに。
 
 次は、easy image downloader。download all imagesと同じくZIPファイルでダウンロードされるのですが、ダウンロードする画像はダウンロードする前に選択できるという点で、download all imagesより優れている。ただ、ダウンロードされる画像がサムネイル画像で、ちょっとダメでした。
 
 次は、LinkedImageDownloader。これは画像をダウンロードするには、一番いいような気がします。まあ、あくまで現時点においてはですけど。まず、firefoxでダウンロード先をはじめに固定しておけば、サクサクとダウンロードできます。
 
 やり方は、jugemにまずログインして、データ管理>画像の管理で、そのページ内でマウスを右クリックして、LinkedImageDownloader>リンク先画像一括ダウンロードをクリックします。後はページを切り替えて同じことを繰り返すだけです。


2020年1月11日土曜日

Realtek HD オーディオマネージャのポップアップが頻繁に出て鬱陶しい

 何もしていなくても、「オーディオ機器が取り外されました。」「オーディオ機器が接続されました。」と頻繁に出てくる場合、次のように設定します。

 タスクバーの△のアイコンからrealtek hd オーディオマネージャを開きます。


 右下のレンチみたいなアイコンをクリックして


 「デバイスを挿した時のポップアップダイアログを有効にします」のチェックを外し、OKをクリックします。


 これだけだとまだ、出る人もいると思うのでさらに、右上のiのアイコンをクリックして、


 「通知領域にアイコンを表示」のチェックを外し、OKをクリックします。


 あとで、realtek hd オーディオマネージャを開いて設定をしたい場合は、通知領域にはアイコンはないので、コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>Realtek HD オーディオマネージャで開きます。

LAN(realtek)の設定

 コントロールパネルを起動し、ネットワークとインターネットをクリックします。


 「ネットワークと共有センター」をクリックします。


 「アダプターの設定の変更」をクリックします。


 「ローカルエリア接続」をクリックします。


 「ローカルエリア接続」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。


 「構成」をクリックします。


 Reaktek PCIe FE Family Controllerのプロパティの詳細タブをクリックします。


 ARPオフロード 無効

 ARPオフロードは、ネットワークアダプターがコンピュータのスリープ状態を解除せずにIPv4 ARP 要求に応答する機能です。

 IPv4チェックサムオフロード 無効

 IPv4チェックサムオフロードは、パケットがビット化け等によって破壊されているか検査する。

 LAN上のウェークアップのシャットダウン 無効

 ウェイク・オン・パターン・マッチ 無効

 ウェイク・オン・マジック・パケット 無効

 遠隔操作でスリープ状態から起動させること。

 NSオフロード 無効

 NSオフロードは、ネットワークアダプターがコンピュータのスリープ状態を解除せずに近隣アドバタイズによって近隣探索近隣要請要求に応答する機能です。

 TCPチェックサムオフロード(IPv4) 無効

 TCPチェックサムオフロード(IPv6) 無効

 ネットワークアダプターが送信及び受信時にTCPチェックサムを計算する。

 UDPチェックサムオフロード(IPv4) 無効

 UDPチェックサムオフロード(IPv6) 無効

 通信時に起こったエラーを検出する。

 WOLとシャットダウンリンク速度 速度低下ではない

 システムがスリープ、休止状態そしてシャットダウン状態のNICのリンク速度。

 グリーンイーサネット 無効

 省電力型イーサネット(EEE) 無効

 省電力機能。

 一括送信オフロード(IPv4) 無効

 一括送信オフロード(IPv6) 無効

 NICが送信するデータを分割処理をする。

 割り込みモデレーション 無効

 トラフィックに応じてCPUの負荷を調整。

 受信側スケーリング 無効

 すべての受信データが複数のプロセッサーで共有される。

 優先度およびVLAN 無効

 ハードウェアによる優先制御とVLANタグ付き/タグ抜きの機能を使用する。

 後、電源管理のタブをクリックして、「電力節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外して、最後に「OK」をクリックする。


 LANドライバを更新したら、設定が元に戻ります。

2020年1月9日木曜日

マウス(logicool G600)の設定

 ボタンの多いマウスって、ゲーム専用と思っている人もいるかもしれませんが、いろいろボタンに設定をしてしまえば、かなり使い勝手がよく、キーボードを使用せずにマウスだけで操作ができることもあります。

 例えば、コピーや貼り付けなどボタン一つでできます。便利な反面、価格が高いことや種類の少なさがネックです。6ボタン程度のマウスは、種類も豊富でいろいろ選択肢はありますが、10ボタンを超えるマウスとなると途端に種類が少なくなります。

Logicool ロジクール MMOゲーミングマウス G600t ボタン20個搭載 最高8,200dpi

保障期間
 保障期間は3年です。以前、チャタリングで交換してもらいました。

設定
 で、肝心の設定方法について説明してします。まず、logicool gaming softwareをダウンロード、してインストールします。

 タスクバーの「∧」をクリックして、通知領域にあるlogicoolゲーミングソフトウェアを右クリックして開くをクリックします。


 次に、下にあるホームのボタンをクリックしてください。さてここで、オンボードメモリにしたほうがいいのか、自動ゲーム検出にしたほうがいいのかです。


オンボードメモリのメリットとデメリット
 オンボードメモリのメリットは、このマウスにはメモリが内蔵されておりこれに記憶させるので、いったん設定すれば、logicool gaming softwareをインストールされていない別のPCに挿しても、その設定で使用できます。

 ゲームをプレイするとオンラインゲームならゲームガード(不正を防止)があるのですがゲームガードに弾かれることはまずない。

 デメリットとしては、ソフトによってプロファイルが自動的に切り変わらない。設定項目が限定される。

 プロファイルが切り替わらないのはどういうことかというとプロファイル自体一つしかない。

 設定項目が限定されるというのどういうことかというと設定項目自体少ないです。

自動ゲーム検出のメリットとデメリット
 自動ゲーム検出のメリットは、5個のプロファイルが設定できます。1個のプロファイルにつき3つのモードがあります。

 設定したソフトを起動すれば、自動的にプロファイルが切り替わる。

 ボタンの設定項目が多い。マクロも使用可能。

 デメリットとしては、オンボードメモリで設定するのと違って、ソフト側でマウスを制御するのでゲームガードに弾かれることがある。

 別のPCに使用する場合、logicool gaming softwareをインストールして設定をインポートするかまた一から設定し直さなければならない。

結局、どっちがいいのか?
 ゲーム以外であれば自動ゲーム検出でいいと思います。ゲームの場合は、ゲーム次第ですね。自動ゲーム検出で問題が出たら、オンボードメモリで使用するしかありません。

プロファイルの設定
 自動ゲーム検出では、プロファイルの設定は必要ですが、オンボードメモリのほうは必要ありません。まず、下のマウスのアイコンをクリックします。次に上のプロファイルで、空いている5つのうち適当なところをクリックします。名前と説明は、自分がわかるようなものでいいです。プラスのアイコンをクリックして、設定したいソフトを選択します。ゲームの場合は、ゲーム実行中はプロファイルをロックするにチェックを入れてください。


ボタンの設定(オンボードメモリ)
 下のマウスのアイコンをクリックします。次に、下左にある3つのモードそれぞれにボタンを設定します。どういうことかというと、画像の例では、紫色をクリックして、ボタンを設定し終わったら、今度は緑色をクリックして、またボタンを設定して、次は虹色をクリックして、またボタンを設定します。ボタンの設定は、画像のボタンにカーソルを移動すると、「∨」が出るのでこれをクリックして、編集をクリックします。


 編集をクリックすると、別のウィンドウでコマンドエディタが起動します。マウス機能の項目で、重要なのが、モードスイッチとGシフトです。モードが3つあるといいましたが、どれかのボタンにモードスイッチを設定しないとモードを変えることができません。そしてもう一つのGシフトは、このマウスの最大の特徴といってもいいと思います。


 次に、キーストロークの項目です。マウス機能の項目とキーストロークの項目に設定したいものがない場合は、修飾子を含めてキーストロークを入力のところに設定したいものを入力します。


Gシフトって、何?
 簡単に言ってしまえば裏モードのようなものです。どういうことかというと、同じボタンを押しても、同時にGシフトボタンを押しているかいないかで違う機能を使用できます。要するに、1つのボタンで、2種類の機能を使用できます。なので、1つのモードにつき39ボタン設定できます。当然、Gシフトを使用する際のボタン設定もしなければなりません。


ボタンの設定(自動ゲーム検出)
 下のマウスのアイコンをクリックします。そして新しいコマンドを割り当てるをクリックします。オンボードメモリ同様各モードごとに設定していきます。


 左の項目を見てわかると思いますが、オンボードメモリでは、キーストロークとマウス機能しかありませんでしたが、さらに、7つ項目が増えています。そしてこのキーストロークでは、下のほうに繰り返しオプションがあります。連打の時間間隔も設定できます。オンボードメモリのほうにはありません。


 ここで、マクロの設定をします。オンボードメモリのほうにはありません。


 ここで、あらかじめ文章を書いておいて設定すればそれをボタン一つで入力できるようになります。オンボードメモリのほうにはありません。


 これは、オンボードメモリを選択したときのマウス機能の項目と同じです。


 メディア関係のものだけど、キーボードの機能にもたいていあると思いますので特にいらないかな。


 これらは、オンボードメモリを選択したときキーストロークの内容と同じですね。


 よく使うフォルダとか設定できます。


 電卓は便利だけど、他は特に必要ないかな。


 ventriloは、ボイスチャットソフトです。このソフトを使う人は必要なのかな。


DPI設定
 つぎに、DPIの設定をします。これもボタンの時と同じようにモードを変えながら設定します。下のアイコンをクリックします。DPI感度レベルのレベルの数を1~4に設定します。DPIはDPI感度レベルの下の数字を変えるか、右側の棒のようなアイコンをドラッグして変更します。レポートレートは、マウスがコンピューターとやり取りする頻度のことですが、少なくとも自分の感覚では、125でも1000でも変わりませんね。


light設定
 つぎは、lightの設定です。下の電球のアイコンをクリックします。次に右下のモードを選択します。そして左側で色を選択します。そして、ライトの設定で、ライトの効果にチェックを入れます。光らせない場合は、チェックを外してください。パルスライトかサイクルライトかですが、パルスライトは、一色にする場合で、サイクルライトは、色が変化していきます。下のゲージは、光ったり光らなかったりする点滅の間隔で、一番右なら点滅する時間の間隔は短く、一番左なら点滅する時間の間隔は長いです。