2020年1月11日土曜日

Realtek HD オーディオマネージャのポップアップが頻繁に出て鬱陶しい

 何もしていなくても、「オーディオ機器が取り外されました。」「オーディオ機器が接続されました。」と頻繁に出てくる場合、次のように設定します。

 タスクバーの△のアイコンからrealtek hd オーディオマネージャを開きます。


 右下のレンチみたいなアイコンをクリックして


 「デバイスを挿した時のポップアップダイアログを有効にします」のチェックを外し、OKをクリックします。


 これだけだとまだ、出る人もいると思うのでさらに、右上のiのアイコンをクリックして、


 「通知領域にアイコンを表示」のチェックを外し、OKをクリックします。


 あとで、realtek hd オーディオマネージャを開いて設定をしたい場合は、通知領域にはアイコンはないので、コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>Realtek HD オーディオマネージャで開きます。

LAN(realtek)の設定

 コントロールパネルを起動し、ネットワークとインターネットをクリックします。


 「ネットワークと共有センター」をクリックします。


 「アダプターの設定の変更」をクリックします。


 「ローカルエリア接続」をクリックします。


 「ローカルエリア接続」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。


 「構成」をクリックします。


 Reaktek PCIe FE Family Controllerのプロパティの詳細タブをクリックします。


 ARPオフロード 無効

 ARPオフロードは、ネットワークアダプターがコンピュータのスリープ状態を解除せずにIPv4 ARP 要求に応答する機能です。

 IPv4チェックサムオフロード 無効

 IPv4チェックサムオフロードは、パケットがビット化け等によって破壊されているか検査する。

 LAN上のウェークアップのシャットダウン 無効

 ウェイク・オン・パターン・マッチ 無効

 ウェイク・オン・マジック・パケット 無効

 遠隔操作でスリープ状態から起動させること。

 NSオフロード 無効

 NSオフロードは、ネットワークアダプターがコンピュータのスリープ状態を解除せずに近隣アドバタイズによって近隣探索近隣要請要求に応答する機能です。

 TCPチェックサムオフロード(IPv4) 無効

 TCPチェックサムオフロード(IPv6) 無効

 ネットワークアダプターが送信及び受信時にTCPチェックサムを計算する。

 UDPチェックサムオフロード(IPv4) 無効

 UDPチェックサムオフロード(IPv6) 無効

 通信時に起こったエラーを検出する。

 WOLとシャットダウンリンク速度 速度低下ではない

 システムがスリープ、休止状態そしてシャットダウン状態のNICのリンク速度。

 グリーンイーサネット 無効

 省電力型イーサネット(EEE) 無効

 省電力機能。

 一括送信オフロード(IPv4) 無効

 一括送信オフロード(IPv6) 無効

 NICが送信するデータを分割処理をする。

 割り込みモデレーション 無効

 トラフィックに応じてCPUの負荷を調整。

 受信側スケーリング 無効

 すべての受信データが複数のプロセッサーで共有される。

 優先度およびVLAN 無効

 ハードウェアによる優先制御とVLANタグ付き/タグ抜きの機能を使用する。

 後、電源管理のタブをクリックして、「電力節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外して、最後に「OK」をクリックする。


 LANドライバを更新したら、設定が元に戻ります。